光景ワレズANNEX

赤いソファを知ってるか 青いソファを知ってるか

やさしい嘘

近所の居酒屋が潰れた。その店には一度も入ったことは無いが、あるフランチャイズ店としてはかなり長く営業していた。最近それを抜け独立した別の店名になったのだが、その後数ヶ月で閉店となった。売上げが下がったのか原価が上がったのかあるいはその両方か、とにかくうまくいかなくなってしまったのだろう。

 

その居酒屋には軒先にちょっとした水槽のような池のスペースがあり、よく金魚が泳いでいた。居酒屋の前を通りがかる小さい子供連れ親子は大抵その池を覗き込むことをせがむ子供に合わせて少しの時間足を止める必要があった。子供は何にでも興味を示すし金魚なんかどこにもいそうでどこにも居ないもので、3歳以下くらいの子供は大抵そこに寄り道するのであった。もちろんぼくの子供たちもそのパターンだった。ただこの池は水の交換やらのメンテナンスが結構怪しくて、特に夏は蚊でも沸きそうな感じであった。ドンキの水槽くらい本格的にして欲しいところだが、実際は適当に金魚屋(近所に買えるところがある)から貰ってきては放り込んでいたのだろうと思う。

というのも、その居酒屋の池の金魚は、定期的に“居なくなる”のだ。ほぼ毎日前を通っているのでわかるのだが、あるタイミングを境に居なくなり、またあるタイミングに復活する、というパターンを繰り返していた。お祭の出店で売っているような、金魚すくいで貰えるような金魚である。寿命も推して知るべし、また更にそもそものメンテナンス状態からして、そんなに金魚たちのいのちが長持ちしないであろうことは想像に難くない。

ただ、死骸が浮いているような状態も見たことはないので、恐らくだがある程度の周期で金魚たちを「メンテナンス」として入れ替えていた可能性が高かった。全ての金魚が一斉に消え、1、2ヶ月すると帰ってくる。一斉に夏休みを取っていたとも考えにくい。

 

話を戻すが、その店が潰れたとき、金魚たちはその池にそのままにされていた。店が潰れるのは割と唐突なことが少なくない。金魚たちも寝耳に水だったろう(水の中にいるけど)。そして、状態としては放置となった。

災害などで家が被災し、家族が逃げるも飼い犬や飼い猫が置き去りになるという事例がある。あれと同じで、金魚たちは誰も出勤にも飲み食いにも来ない元居酒屋の池で引き続き泳いでいた。自分を含め、ここを毎日通る人たちや子供たちも「どうするんだろ」となんとなく思っていたと思う。

 

ある日、池の水が全部無くなっていた。ココリコ田中とロンブー淳が来たわけではなく、しかしここの関係者がメンテナンスしたのだろう。水質もどんどん悪くなっていたし、ボウフラが沸くのは目に見えていたので良かったと思う一方、必然的に金魚たちの姿も無くなっていた。まあ、「いつもの、そういうこと」ですよね、と思ったし、近所の人たちも思っただろう。とにかく、潰れた店の前にあるどんどん汚れていく池が無くなった、これで近所の人ととしては一安心だった。金魚のことが少しだけ気にひっかかりながら。

 

……そう思っていた数日後、潰れた居酒屋のカラッポの池の前に突如ラミネートされたPOPのようなものが貼られていた。

見てみると

「金魚ちゃんたちは 別のところにお引っ越ししました! 今までありがとう!」

と書いてあった。

 

本当は嘘だとわかっていることだけど、本当だと思って過ごすほうが良いこともある。

本当はみんな嘘だと知ってるけど、本当だということにしておいたほうが良いこともある。

 

うむ、お引っ越ししたのだな。金魚たち。よかったよかった。

 

(おわり)

名前が被ること

ぼくの本名は、めちゃめちゃ珍しいわけでもないがそんなに被りもしない、というまあまあいいラインをついている名前である。

今までの人生で、学校のクラスメイトや会社で被った人はいない。だけどテレビやネットで見かけた人とか、Facebookで調べたら同姓同名がいるとか、そういうレベルでたまに見かけたりはする。被ることが悪いとは全然思わないが、ちょっと不便が生じたりするのは想像に難くない。

 

子供を保育園に送る都合で、うちの子供の同じクラスや別のクラスの子の名前を見ることがある。そこでは、よくぼくの名前と同じ子がいることを確認する。そう、今の幼児とかには割と見かけがちな名前なのだった。30年流行の先を行ってた名前とでもいうか。

で、その自分と同じ名前の子や、その親御さんともちょっと話したりもするが、決して「自分、お宅のお子さんと同じ名前なんですよ!」とは言わない。

言っても意味がないからだ。意味が無いというか、被ってることが悪いということではないが、少なくとも嬉しくはないだろうなと思うからだ(いやいや嬉しいよ!とかあるかな…?)。

自分と同じ名前の子とその親御さんからは「○○君(ぼくの息子)○○ちゃん(ぼくの娘)のお父さん」という認識で良いのだ。フルネームの設定が無いアニメの脇役くらいでいい。そうでしょう。ね、私はこういう気遣いもできる男です。よろしくお願い申し上げます。

 

(おわり)

コミュニケーションの事故

少し前、自分のTwitterでこんなことがあった。

 

登場人物

・赤祖父

・フォロワーAさん:鍵アカウント。相互フォロー歴半年程度。

・フォロワーBさん:オープンアカウント。相互フォロー歴10年超(Twitter以前から)。

 

前提

・フォロワーAさんとBさんはぼくに対して細々した不満の有無は不明だが、少なくとも大きな敵意は無い。たまにリプライもやりとりする。

・フォロワーAさんとBさんは一切接点なし。人物を相互理解していない。

・Aさんのツイートは鍵のためBさんには見えない。

・BさんのツイートはAさんから見えるが、フォローしていないためぼくのRT経由やたまたま発見した場合に見える(はず)。

 

経緯

・ぼくがBさんのとあるツイートが気に入って、RTをする。

 内容は「●●という属性の人に惹かれがち」というような内容。ニュアンスとしては、例えば胸が大きいとか足が細いとかそういう容姿面ではなく、「●●に所属の人」とか「●●の店員の人」くらいの、根拠の無いイメージとしてのあるある的な人的傾向がでがちな職の人、と捉えていただきたい。具体的なものはボカすが、そこには性的な見方の問題や差別的な意味は無いし、Bさんはそういう意図は皆無で言ったとぼくは思っている。

(具体的に書けば納得いただけるはずだが、ここを具体的に書かない理由は後述)

 

・ぼくがそれをRTしたので、AさんはBさんのツイートを見る。

・Aさん苛烈にキれて、Bさんの批判を展開。おそらく上記の「そういう意図は皆無で言ったとぼくは思って」の部分に「意図があった」、すなわち男根的思想であるとか、ルッキズム的だとか、そういう感じと捉えたのでは……と推察。

 

・ぼくはAさんのキレっぷりが不愉快になる。Bさんをそんなに悪く言う必要は無いだろうという点、Bさんの視点に「そういう感じあるあるだな」と同意していたので自分も否定された感覚になった点、など。

 

・ぼくはAさんに対してブロック&即ブロック解除を実行する(強制リムーブ)。それ以降、Aさんのツイートはこちらからは見られなくなる。再フォローされた様子は無し。ただしぼくもオープンなので普通にフォロー等なしでも見ることはできる。今も見ているかは不明。

 

−−−−−

 

多分、Aさんからしたらいきなりぼくから一発退場ブロックくらって、気付いたら居なくなっていたからそのときは何で?と思ったかもしれない。 上記のキレ方がこっちからすると逆になんでそんなに?というほどだったので結構不愉快ではあったが、Aさん全体を嫌うほどではなかった。気持ちや機嫌の揺らぎの範囲だと。

また、具体的なBさんのツイート内容を書かないのは、「本人が気付いていないから」、だ。先の構図を説明したとおり、「AさんがBさんをメッタメタに批判したこと」はBさんからは全く察知できないし、多分今も知らない。でももしここで具体的なツイートの内容を書いて、この文章を読んだら自分のことでは?と気付くかもしれない。それは無駄に不愉快な感覚をBさんに与えることになるだけである。だから書かない。

 

「いやいや、ヒドいこと書いてたんでしょ」と想像してきかない方に関してはリプライくれれば答えをDMしてもいいです。絶対そこまでの話ではない(ぼくの感覚では)。

またBさんにそこまで感情移入しなくてもいいと自分で自分について思ったりもする。ネットで知ってる期間は長いが、別に取り分け仲が良いわけではない。自分が批判されているわけではないのだから放っておけばいいのだ。しかしそれができなかった。自分はBさんにやたら親しみを一方的に持っているのだろうか。

 

Aさんはぼくのアウトプットしたものを色々と褒めてくれたとても自分にとって良い人だ。上記の点だけを除けば全然嫌いではない。とても有り難い存在である(あった)。謝ったりするルートが無いわけでもないが、そもそも自分は何も悪いことをしていないのでなんだかそういうのも変だし……で今に至る。

 

−−−−−

 

多分こういう瞬間瞬間の事故というのはいくらでもあって、自分がリムーブしたりされたり、多々その瞬間、そのタイミング、そのときの機嫌、色々なものが重なった結果かもしれない。冷静になってみたらまったくなんでそうなっちゃったの、みたいなことも多いと思う。ぼくが一番入り浸るのがTwitterだからそれを例にしたが、他のSNSやLINEなどでもそうかもしれない。

人間関係はあるときにケンカしてあるときに仲直りしてとか、本来はそういう揺らぎのあるものだ。なのでぼくはSNSの挙動はあまり深刻に受け止めないようにしているし、受け止めないで欲しいと願うところである。

 

(おわり)