光景ワレズANNEX

赤いソファを知ってるか 青いソファを知ってるか

保護者としてのしつけと、自分が老害になった反省と

家に帰ってきたら、息子(4歳)と娘(1歳5ヶ月)が一緒に遊んでいて、こんなことをしていた。(動画にはタイミング的に娘しか写ってない)

 

 

 

 

これを見て、反射的にぼくは止めなさい!と息子に言った(娘はまだそういうのわからないので)。

息子は父親に怒られるのが怖いので、すぐに止めた。

 

まだ分別のつかない子供がいると、実は家はインシデントにあふれまくっているという事実に気付く。

なので基本的に、遊ぶ道具じゃないもので遊ぶことは禁じている。特に火、刃物、熱湯などなどバツグンに危険なもののは当たり前として、他にキッチン全般、風呂全般、ベランダ周り(窓ガラスや落下など)、洗濯機(ドラムに入って窒息などという痛ましい事故の例もある)などなど。子供たちはあらゆる「禁止事項」に囲まれている。

 

だがぼくは知っている。この空気清浄機は全然危なくないのだ。

 

f:id:akasofa:20181014231328j:plain

この空気の吹き出し口は目の細かい金属の網目になっていて、余程細かいものじゃないかぎりは入り込むこともないし、手などを突っ込む危険性もない。

 

 

「遊び道具じゃないもので遊んではいけない」は確かに社会で通すべきルールのひとつだ。実際世の中基本的にはそうなっている。なのでぼくの中では原則

「"家の中くらいいいじゃないか"から外でも同じ事をし出すから、家の中でも禁止する」というロジックがアタマの中にあって、注意をしたのだ。

しかし、大人だってジョーククッズをジョークだからやめろと書いてあるのにチンコをツッコむし、料亭と書いてあったはずなのに実際出てくる飲食物が瓶ビールと乾き物だけで満足(したところ急に店員さんと恋愛関係になり……らしい)するし、結局は杓子定規を巧く渡り歩く力が必要なのである。

なので、

「家の中くらいいいじゃないか、"外ではしてはいけない"と言えばいい」にアタマを切り替え、やっぱり遊んでいいよとした。本当に危ないものは引き続き禁止するが、特に危険のない遊び道具じゃないもの、これでは遊んで良いと考えることにしたのだ。

 

むしろ冒頭の動画のとおりうちの空気清浄機がプラスチックのおもちゃ程度ならブワブワと吹き飛ばす威力とは自分も思いも寄らなかったし、なのでティッシュとかレシートとか飛びそうなものを色々と貸してあげた。息子と娘もとても楽しそうに色々なサンプルが飛ぶかどうかを検証していた。そういう自由な発想と不思議からくる楽しみを奪うところだった……。

 

繰り返すが、このケースの「遊び道具じゃないもので遊んではいけない」、これは完全に老害の発想であったと強く反省している。杓子定規に(←ここ重要)こういうことを言っているのは、若い人のイノベーティブな発想や行動にケチをつける老人そのものだ。

 

まあだからといってさ、「自分のやることにケチをつけるのは例外なく老害やアンチ」と断ずるのもまた違うし(いるよね〜)、若者の理解者のフリがしたいから何でもかんでも肯定する小狡いジジイもまた違うと思いますけどね。

 

(おわり)

ババアのバグ検出力は異常

ずっっっっっっっと前から言ってることだが、ババアは自動改札を止める。ICカード時代は勿論、一昔前の磁気カードでも止めていた。「あらら」とか言って後続の流れを乱す。あららじゃねえよと皆思う。人類の中でもババアが一番改札を止める。

 

近所のスーパーにはセルフレジがあり、簡単な買い物ならばそちらを使うと手早い。数が多かったり、割引品を割り引いて貰ったり、あるいはセルフでやる手間自体がイヤという人のために有人レジも併設されている。感覚的には老人とババアは有人レジを引き続き頼り、働き盛り世代〜若者、あるいは買い物が少ない人はセルフレジを使うように見えている。私の場合は殆どがセルフレジを使う。買い物も少ないし待っている時間が短いほうが嬉しいからだ。しかし、たまにこのセルフレジ側にババアが紛れ込んできて会計ロットを乱す。

ルフレジコーナーにも店員が1名貼り付いていて、トラブル対応などに応じるようになっている。これを呼びつける率としてはやはり見ている限りババアが高い。本人の操作ミスなのかレジの問題なのかわからないが、ババアはただ買い物をするだけでパトランプをピカピカさせるのだ。

あるときから、「こういう操作をするとレジがフリーズします」という貼り紙が各セルフレジに貼られていた。多分これはババアが検出したバグだと思う。

 

ココイチで食事をしていたら、ババアが入ってきてテイクアウトの注文を店員にしていた。そこでババアは「○○カレー、××カレー、ふたつね、あとサラダ」のように普通に注文をする。しかし、相対した日本人のアルバイト店員が注文を繰り返すと、ババアからはNGが出た。自分は見ていて多分家族の人と自分用の2人前のカレーとサラダを買って帰るのだろうな、と思っていたのだが、店員とババアのやりとりは「カレーは3つですか?」「いやいやいや、ふたつ、××カレー」「えっ、すみませんでは××カレーふたつと…」「いや、××カレーはひとつ」「えっ」「えっ」「サラダはおひとつで…?」「えっ」「えっ」のように数の定まらないやり取りが延々と続いた。答えは

・○○カレー×1

・××カレー×1

・サラダ ×2

だったようだが、途中から数が何にかかっているのかの喋りかたがバグって、上記のような不毛なやり取りがしばらく続いた。ハタから聞いている自分としても分かりづらいなぁと感じた。

 

毒蝮三太夫を見習って愛をこめてババアと何度も書いたが、要はババアが悪いのでは無くて、察して欲しい、汲んで欲しいと無意識的にユーザーに甘えているシステムのバグを検出する能力に秀でているのがババアなのだと解釈している。

例えば、会社のセキュリティシステムとして入館や入室のゲートにICカードをタッチしてピッと言えばドアがあく、みたいな仕組みのオフィスで働いている人も少なくないだろう。でもこのシステム、全国共通ではない。たまにゲストとして他社に赴き他社のゲストカードなどを借りて入室するとき、なんとなくうまくいかないことは誰しも経験しているだろう。

このICカードタッチのシステムも、実はメーカーや個社の調整によって絶妙にタッチの位置、長さ、呼吸などに差があるのだ。最初は不慣れなのでそこをうまく汲めずタッチミスなどを及ぼすも、我々は次第に「そのシステムの呼吸」に慣れて無意識的にスムーズにタッチできるようになっていく。

しかし、この慣れることを一向にしないのがババアである。独自の呼吸でタッチをし、そして認証されない。すなわち、何より「駅の自動改札機の呼吸を読まない」のがババアの改札止めの原因ではないかと勝手に推測している。

 

何が言いたいのかというと、プロダクトを世に出す会社は品質向上のためにすべてババアを必ずテスターに入れろということである。

シャープ製テレビの「世界の亀山モデル」のシールを貼りっぱなしの様子コレクション

f:id:akasofa:20181001182206j:plain

シャープの液晶テレビAQUOSは、一時期製造工場の地名を冠して「亀山ブランド」を打ち出していた。家電量販店に行ってもそれを宣伝文句として大々的にアピールしていた記憶がある。

ある人の家に行ったときにAQUOSの「世界の亀山モデル」と書いたシールがそのままテレビの上部に貼り付けてあって、ぼくは「これ剥がさないの?」と聞いた。するとその人は「剥がすの?」と答えた。

そもそも剥がすもの(剥がして良いもの)という発想自体が無いという。

 

 

 (これは病院のロビーのテレビ)

 

 

世界の亀山を剥がすかどうか、これは個人の自由なので別にどちらが正しいとかいうつもりもないのだが、ふとTwitterにアップされた写真に写り込むテレビなどを見ると、やはり「世界の亀山モデル」がそのまま貼られたケースが多い気がした。単なる認知バイアスというやつかもしれないが、一応フォローしてくださっている人に改めてお願いをしてみた。

 

 

すると幾つかの回答をいただくことができた。(ありがとうございます!)

 

 

 

 

 

 

 

 

結構いらっしゃった。

 

 

一方ぼくはというと、ノートPCのintel insideのシールですら剥がしたい派である。

 

f:id:akasofa:20181001175338j:plain

↑これ

 

 

先のご回答の中に「ノートPCの展示品のやつも剥がしてない」という例を頂いた。

 

f:id:akasofa:20181001180929j:plain

この方以外にも、自分の知り合いでもこういうのを貼ったまま使ってる人はいた。

ぼくは速攻で剥がす派、剥がしてからようやく自分のモノになるくらいに思っているので結構驚きなのである。(批判ではないです念のため)

 

まあ自分自身がちょっと過剰な剥がしっぷりという自覚もある。

過剰剥がしの理由としては、自分が中古パソコン屋で働いてたときの経験がある。やはりこういうのが貼りっぱなしのものが入荷してくるのだが、ここの劣化が激しくて剥がしても下の本体に跡が残ったりして結構困ったのだ。最初から剥がしておけば均一に汚れていくのに、シールがあると結構無残な有様になってしまうのだった。

 

intelのシールは基本的に貼りっぱなし前提の粘着力ではあるが、長期使ったり環境(パームレストが異常に熱くなるような機種)によってはノリがドロドロになったりするので、個人的にはシール剥がしで初期に剥がしてしまうのをオススメしたい。

 

 

 

f:id:akasofa:20181001180109j:plain

なお、ぼくの弟などはスマホ買ったときに貼ってあるこれ↑を貼りっぱなしで数年使ってましたからね。さすがにこの状態だと剥がすと逆に跡がすごいと思ってそのままにしましたが、見ての通り当たり前ですが劣化が激しい。

「なんで剥がさないの?」

と聞くと

「これ剥がすモノなの?」との答え。これは剥がせ。

 

コレ系のシールに限らず、液晶の簡易な保護シートとか車のシートのビニールとかそういうのを貼りっぱなしで運用している人は是非教えてください。ぼくが「へぇ〜!」と思いたいだけですが。

 

(ご協力いただいた皆様ありがとうございました)

 

おわり