光景ワレズANNEX

赤いソファを知ってるか 青いソファを知ってるか

自分を題材に書かれたフィクションを読んだ感想

界隈のひとしかよくわからない話を書きます。

 

ハイエナズクラブのメンバーであり(←これ強調)、指圧師でありライターである斎藤充博さんが同人誌を作成しました。

 

f:id:akasofa:20171114011649j:image

書いてあるとおりの内容なのだが、詳細は下の記事に詳しいです。今回先行入手したので早速目を通した次第。

nlab.itmedia.co.jp

 

この本の中の1作品は、斎藤さんではなくてぼく(赤ソファ/赤祖父)とズッキーニさん(ハイエナズクラブ会長)、それとマンスーン君(オモコロのバーグハンバーグバーグ社員であるが、ハイエナズクラブのメンバー。←これ強調)が出てくる。斎藤さんが元々自分を素材にするというテーマで作った本だが、なぜか結果的にその主旨にタダノリしてしまったのだった。書いてくれたのはこれまたハイエナズクラブのメンバーであるくみこさん。ハイエナズクラブ同人誌のほうの編集もしていただきました。

 

 

ふつう、ぼくのような一般人をそういう材料にすることはないと思うし、されるほうもされる経験などあまりないと思う。だってニーズが無いから。でもそれが良くも悪くも同人誌である。それにしてももうちょっと名の知れた人を扱った方がマーケティング的にはアレだったのではないか。調子に乗ってるみたいで申し訳なさすぎる。

 

原稿チェックも依頼されましたが、本というカタチになって取り返しがつかなくなってからじゃないと読むのが怖かったのでノーチェックでOKを出しました。そして今に至るわけです。

 

感想は一言でいうと「なんてリアルなの…」というところ。面白かった。くみこさんがぼくに対して元々持っている(知っている)情報、ぼくの書き物などから収集した情報、想像で書いているところ、敢えて味を付けたところ、そういうのは書かれている側だから手に取るようにわかる(フィクションだし、別に作者も当てに来ようとはしていない。念のため)。この本を手にする方の7割くらいはぼくのことなど知らないはずだが、それでもそういう人間がいるのだなあという感触は抱けると思う。なんだろうなこの感覚は。自分の再現ドラマとか見たらこういう感じなのだろうか。

 

著名人だとネットやマスコミにあることないこと書かれたりしたりすることは日常茶飯事なのだろうが、同じ単なる憶測で書かれたものであっても多分「全然ちげぇよバーーーーーカ」っていうのから「あらら大体あってるあってる」みたいな評価のものまで千差万別だろう、と。人間は残念ながらそれほど個性にバリエーションのある生物ではなく、だいたいある程度生きていると他人の思考や行動パターンもなんとなく見えてくるもので、そういう意味ではぼくという人間をよく捉えられてしまった上で味付けされているので、まあ感服しました。ハイエナズクラブのことを知っているとより楽しいと思いますが、そうでなくても、とある中年たちのやりとりのワンシーンという意味で楽しめるかもしれません。

 

上記の本、第二回ウェブメディアびっくりセールという即売会にて買えるようです。

portal.nifty.com

 

よろしかったらハイエナズクラブの同人誌も一緒にいかがでしょうか。

なおハイエナズクラブの同人誌ですが、こちらもかなり自信をもってオススメできます。ぼくはSNSを題材にした創作の文章を書きました。マックで聞いた創作実話です。よろしくお願いいたします。

 

1日が24時間しかない仕様に詰みはじめている

近況の書き殴りです。オチとか学びはないです。

 

 最近は帰宅してスプラトゥーン2をやって疲れて寝る日々で、というか疲れているからゲームくらいしかできない。とある資格試験も受けなきゃならないのだけど、日程変更ができるので遠慮無く毎月次月に先送りしている状況である。ゲームについては大分上達してきたがその他諸々は停滞気味ですね。なんか自転車操業な日々って感じです。お金は使わないので貯まってきたけど。

 

二人目の子供が生まれて無事にスクスク育っているけど、何せ二人いるというのはやばくて、親としては二倍忙しいというよりは二乗の忙しさになる。滅多なことでなければ一人で外出する機会も無くなり、最近の休日の過ごし方といえば上の子と二人で出かけて体力を如何に効率的に削ってやろうかという対応ばかりである。仕事もヒマになるはずだったのになかなかそうもいかず、そして早く帰れるときはタイムアタックのように真っ直ぐ(どころか最も効率的に、くらいの勢いで)帰っている。そんなわけでお店を回ったりする活動もほぼ開店休業状態で、たまに「こういうブログもやってるんです」って言っておかないと完全に皆々様から忘れられるレベルである。

nipponnostalgie.hatenablog.com

 

去年は寄稿記事なども書かせてもらっていたが、今はどうにもこうにも時間が取れない。当たり前だが元々休日か平日の帰宅後しか取れないところに、休日はそういう感じで自分の時間がほぼ無くなってしまったし、平日はそもそも疲れ果てて帰るだけだし、なので書くのも取材するのも厳しいのです。もう少し子供たちが大きくなったら余裕ができそうですが、その頃にも何か書きませんか的な需要があるかというと先行きは謎ですね……。なんかお話をくださる方には申し訳ない状態です。

 

なお本当は娘の写真を100枚くらい貼って1枚1枚具体的なかわいさの感想を書き連ねていきたいところなのですが、物騒な世の中なのでやめておきます。

 

息子ももうすぐ4歳なので普通の会話も成り立つほど知能が発達してきており、「なんでお父さんはおじさんなんだい?」などと鋭い指摘も目立ってきています。もうちょっとしたら「てぃ先生」のネタよろしくズバッと真理を突くような発言をするのでしょうが、しなかったら先生と同じでしたことにしてRTを稼いでいく所存です。あと割とマジに幼児YouTuberはじめるかとか思ったりしてます。

 

 

それから、11/18(土)にデイリーポータルZ主催のウェブメディアびっくりセールにハイエナズクラブとして新作同人誌といくつかのグッズを持って参加する予定です。よろしくお願いいたします。

上記のような生活状況の中で必死こいて創作っぽい文章を書きました。メンバーも皆頑張ってくれたおかげで、立派に良いものができあがっています。 是非会ったら声をかけてください。

 

最後にタイトルについて、1日が24時間しかないんじゃなくて、労働時間が長すぎるよなやっぱり。40時間あったらこっちの体力がもたないや。

アウトプットしないとなんだかソワソワする

書き殴りです。

最近、人生で暫くぶりにゲームばっかりやる日常でして、最近やっと100時間オーバーのプレイ時間で『ドラクエ11』が終わって、今度は『スプラトゥーン2』にハマっています。

 

ドラクエにしてもスプラトゥーン2にしても、ゲームというのは基本的に制作いただき遊ぶ環境を用意いただいたものを享受する、受容型の趣味です。もちろんプレイ動画とか攻略情報とかそういったものをアウトプットしたり、あるいはスプラトゥーンのようなゲームに関してはウデマエそのものを高めたりといったように「ただ飲み込んで終わり」といった感じの趣味でもないことはわかるのですが、自分の場合は攻略やら動画配信やらまでできるほどの情熱も環境もないし、ただただ楽しんでるといった状況です。

 

しかしこれがどうにも精神的にしっくりこない。常にネットで(たとえ求められてるわけではないにしても)記事を作ったりとか、写真を撮ったりだとか、何かしらアウトプットするようなことをクセにしていたので、アウトプットもなしにただただ享楽を与えられ続けて「たのしーなー」で終わるのがどうもしっくりこなくてソワソワするのです。そんなの知るかよって話だと思いますが、そうなんです。当たり前の話だけどネットは完全に見るだけでアウトプットを一切しない、ツイートすらしない、みたいな人は多くて、一方で誰に頼まれずともブログを書いたりツイートしたりっていう人もいるわけです。もちろんどっちが偉いとかいう話ではなくて、自分は後者のタイプなんですが、そういう者がソワソワを解消すべく書いているのがこの記事です。すみません。

 

※本当はスプラトゥーン2の良さとかを書こうと思ったのですがそこまで語れるほどの深い理解もウデマエもないのでやめました