読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光景ワレズANNEX

赤いソファを知ってるか 青いソファを知ってるか

常連客になること

特別なサービスは嬉しい 

f:id:akasofa:20170320171322j:plain

(写真と本文は関係ありません)

 

別名義でこんな↓ブログをずっと続けている。続けていると言っても2012年くらいまでは妻が書いていて、もう飽きたらしいのでそれを引き継いで続けている。

 

nipponnostalgie.hatenablog.com

 

純喫茶や洋食屋、町の個人中華料理屋(さいきんこれも「町中華」なる命名をどなたかがされてそういうジャンルになった)など、単純に行ってみたいと思った店に実際に行ってそれを記事にするというだけの内容である。当然色々な店、しかも結構わざわざ遠いところにも行くので、ここで紹介したお店の殆どに関しては一見さんである。書いたっきり二度と行けていない店も多い。ただ一見さんの客が無価値かというとそうではなく、あくまで常連に支えられているベースがあることを念頭におきつつ、たまに一見さんも迎えてくれると嬉しいし、実際一見さんを無碍に扱ってきたような店は無かった(あったかもしれないが書かないし、多分忘れた)。一見さんのこちらに対してでも、コーヒーに漬け物とかちょっとした無料サービスしてくれる喫茶店、余ってるから…と枝から取った柿をくれる食堂、そんなお店も多かった。そんなちょっとのサービスが本当に嬉しく思う。ただ、これだけ色々な店に行っている以上すべての店の常連になることは現実には不可能である。常連的な貢献は無理だから、せめて誰か他の人の目に触れて、その人が訪れてみたいと思ってくれるようなかたちで役に立てば…と思い記事にする。そんな感じなので、実際にこのお店は常連です、と言える店は殆ど無いのであった。

 

 

常連になりたいのか

では自分が常連となる店はどこにあるのか。

週に数回も訪れる店は実はチェーン店ばかりである。平日の昼食と夕食は基本的に外で済ませるのだが、そのどちらも個人店に行くことは今の自分には時間的に難しくやむを得ないのが半分、もう半分は単純に、先ほど書いたことの全否定に見えるかも知れないが、個人店の常連客になりたくないというのがある。

たとえば、個人店の店主に顔を覚えられたとしよう。そうすると大抵言われるのは「しばらくぶりでしたね」とか「今日は一人?」とかいうことになるのは必至だろう。あるいは「いつもの」で出てくるメニュー、そういう気遣いが嬉しくもあり、逆に自分にとって負担にもなるかもしれない、そんな風に感じてしまうのだ。気付かないで欲しい、特別扱いしないで欲しい、ほっといて欲しい、のっぺらぼうの客としてコーヒーを出してお金を取って追い出して欲しい、そんな風に思ったりしなくもないのだ。非常にめんどくさい男である。

 

チェーン店でも常連扱いをする 

しかしチェーン店でも、特に店員さんが入れ替わらず店長や社員の人の場合だと、気を遣ってさりげない常連客扱いをしてくれることも多々ある。あるチェーン店カフェの場合は、いつもぼくがコーヒーのLサイズを注文するのがわかっているので、ぼくがレジに並んだ時点で抽出に時間のかかるコーヒーマシンをセットして抽出を始めてしまう。こうなると急にぼくがオレンジジュースを注文しようものならそのコーヒーLサイズはムダになってしまう。スピーディに提供されてとても嬉しいのだが、一方でこの店でコーヒーLサイズ以外を飲む権利はもう無くなってしまったのだった。

 

別のチェーン店カフェの場合、メニューレパートリーが少ないこともあってぼくの注文内容はほぼ固定化していた。そこで店員さんはレジの先行入力をしてあとは電子マネー支払いのボタンを押すだけで待ち構える。レジにもよるが電子マネー決済の起動に数秒待つ場合があるので、その時間をなるべく少なくしてくれているのだ。これもお気遣いいただいた結果である。が、しかしこの店でもぼくはこの固定メニュー以外を注文できなくなってしまった。

 

あるコンビニの特定時間にいるパートの店員さんもぼくの顔を覚えて、いつもコンビニコーヒーのLサイズを頼むので何も言わずにLのカップをレジ通ししてくれる。でもたまには急いでいてコーヒーを飲む時間すら無いこともあり、また下痢をしているときはレギュラーサイズでもいいかな、なんて思ったりもするのだが、これもまたLサイズを飲むしかないのだ。

 

このように、客が「いつもの」を頼む背景には実は「頼まざるを得なくなっている」可能性も少しあるのだと気付いて欲しい。とはいえ厚意でやってくれていること、いちいち否定したり、本当に要らないときはそう伝えるだけだし、結局9割は自由意志でその「いつもの」を頼むのですが……(文句を言っているわけではない。念のため)。

そしてこうなってくると、ぼくの場合大抵しばらくその店とは距離を置くようにする。新たな出会い、新たなほっとかれ、あるいはその仕事のデキる店員さんが異動するのを待つ間として、別のチェーン店を模索するのである。

 

 

かつて常連になったお店への再訪

先日、その常連化してしまったチェーン店に1年ぶりくらいに訪れる機会があった。1年前のいつもの時間にいつものスーツを着た一人客が入店する。レジは1年前と同じ、あのコーヒー抽出を先行入力でやってくれていた人だった。多分、向こうも顔は覚えているはずだ。なぜなら注文さばきもレジも機敏、更にそうした個別の対応も可能、要するに優秀そうな人だからだ。昔から別に雑談をしたことは一度も無い。今回も「1年前のいつも」のように(幸いその品物はまだグランドメニューに残っていた)同じものを注文し、コーヒーもLサイズを頼んだ。店員さんは、きちんと注文を聞いてレジを通してからコーヒーの抽出を始めた。これが単に常連フラグがリセットされたからなのか、先行入力が暗に注文を強制している可能性があることに気付いたからなのかはわからない。なぜなら雑談をする関係性ではないからだ。ぼくは1年前より数十秒余計に待たされた後、コーヒーLサイズを受け取った。少し寂しかった。

「この記事は10分で書きました」という宣言とかあるけど

ネタ

まねして10分制限で書いてみる。

そもそもこの宣言って何の意味があるのか考えてみたが、

・自分の力量ならば10分あればこのくらいの文章はヨユーで書ける

・10分で書くくらいしか推敲していないし内容も浅いかもしれないがそこは見逃せ

 

くらいだろうか。その割に、はてなブログの仕様で見たまま編集の場合コピペしたり後から追記した場合にフォントがスマホから見た場合だけ若干違って見えたりする事例があって10分書き宣言しておきながらモロにイジってるじゃねえかという恥をさらすリスクがあるので気をつけましょう。ところで手を動かすのと頭を動かすのは別の話で10分のタイピング速度だけを自慢するのであればそこまですごいかというと割と誰でもできるのではという分量であって頭を使ったのもの含めて10分という前提でとらえますがそうなると思考というのは比較的途切れ途切れだったり色々なことに巡らせながら少しずつ収斂されていったりと具体的に時間で区切るのは難しい、少なくとも自分の場合はそうだなと思ったりもして、ではとりあえず書く事前はノーアイディア、書きながら考えていると仮定して、それはまさしく今この文章なのですが、そうした場合にはどれほどの文章量になるのかと実験している状況であります。あと5分。ここまでで約5〜6分ですが、実質こうした何の意味も無い内容でただタカタカとキーを打てば何かを言いたそうで何も言っていない感じであればこのくらいになるのですね、自分は割と最近グズグズと考えながらポチポチ老人のようなタイピングをして記事をくみ上げる、いわば長距離走的なつくりかたが多いのでこういう風に一気に50メートル走で全力出し切ってみるみたいな試みをしてみるのはそれはそれで新鮮な気持ちです。あと2分。もう書くことがないので昨日の話を書くと第二子は女の子っぽいということでとてもうろたえています。嬉しいけどうろたえています。女の子ってどうすればいいのだ。名前は。あそびは。将来の彼氏をとりあえずぶん殴るのか。お父さんクサイって言われないためには。まじめにネット活動やめるべきか。このアカウント中学生ころにばれたら絶対きらわれますよね。ああこわいこわいここで10分でした。

都内の元日、JRの終夜運転の様子を見ながら深夜散歩してきた

東京に住んで19年目になる。大晦日から元日にかけて、鉄道の終夜運転(普段動いていない夜中も何本か列車が動く特別ダイヤ)があるのは知っていたが、実は利用をしたことは一度も無かった。だいたい帰省しているか、遠出の旅行をしているか、あるいは都内にいても普通に寝てたり家で過ごしたりしていたためだ。

 

今年は都内に留まる正月だったので、いっそ今まで使ったことのないJRの終夜運転を体験してみよう!と思い立ち、家族が寝静まった頃コソコソと身支度をして家を出てみることにした。アテや計画は一切無く、完全にフィーリングで動いてみる。

 

 

f:id:akasofa:20170103015817j:plain

最寄り駅の阿佐ヶ谷を1:08に出発する。普段では終電が行ったあとの時間だ。中央線は下りがほぼ100%くらいの乗車率のように見え、上りは新宿まで座席が十分空いているほどであまり多くの人は乗っていない印象だった。

 

 

f:id:akasofa:20170103020454j:plain

新宿で山手線内回りに乗り換えてみる。1:30くらいだが、この人出だ。想像より全然人が沢山いて、ハッピーニューイヤーなんですねという気持ちになる。

 

 

f:id:akasofa:20170103021440j:plain

列車の発車時刻を示す電光掲示板に、見慣れない2時や3時の列車が表示されるだけでなんか面白くなってくる。その気になれば小山や逗子のほうまで行けてしまうのだなあ。行かないけど。

 

で、1:30頃発の山手線内回りも一応座れたが、立っている人も結構いるほどの混雑だった。また車内では、酔った外国人が別のグループの外国人に話しかけたりして盛り上がったりしていた。ハッピーニューイヤーなんですねという感想である。

この外国人は渋谷で降りていった。また原宿では明治神宮帰りと思しき人も乗ってきたが、おそらくピークはこれより遅い時間なのだろうと思う(見てないので想像です)。

 

このあとしばらく乗っていたが、どの駅でもポツポツと乗り降りはあり、2時近くなっても動いている人多いなあという率直な感想だ。あまり飲食店も多く開いてるわけでもないのに、みんな何やってるんだろう……と思ったが、浜松町での乗り降りは特に多かった。増上寺の初詣客と思われる。まあ初詣ですよね大体は…。

 

 

 

f:id:akasofa:20170103021730j:plain

で、ぐるっと遠回りで鶯谷でふと思い立ち下車。理由はラブホではなく、24時間営業の居酒屋「信濃路」が営業してくれてたら……という一縷の望みに賭けて。

 

 

f:id:akasofa:20170103021950j:plain

流石にやってるわけがなかった。でも元日の朝7時からは開けるとの貼り紙があった。すごいな。

 

とりあえず適当に近くを散歩してみる。ラブホ街では満室で入れず次から次に空室総当たりチェックをしているカップルや行く行かないだのの攻防をしている中年男女(行くくせに…)などを横目に、開いている飲食店はないかと思って歩いた。

 

 

f:id:akasofa:20170103022355j:plain

完全にノーマークの神社に出会った。元三島神社というようで、周囲をラブホに囲まれる異様な雰囲気のなかここだけは厳かな空間で、初詣はここにしようと早速寄ることにした。

 

 

f:id:akasofa:20170103022707j:plain

茅の輪があり、くぐり方を守って∞を描くようにぐるぐると歩いてから階段をのぼる。

 

 

f:id:akasofa:20170103022826j:plain

先客は3人ほど。全然ならぶ必要もなく初詣できた。神様によって御利益が違ったり神パワーが違うのかもしれないけど、そんなに激混みのところに行かずともよくね?というのが個人的な見解です。

 

 

このあとは山手線外回りに乗って秋葉原で下車。すると……。

 

f:id:akasofa:20170103023056j:plain

ちょうど初日の出列車が来るところだった。年末の時刻表を見ていると臨時特急として走る初日の出や初詣客を乗せる列車が幾つか掲載されているのだけど、それをちゃんと見るのも実は初めてだった。

 

 

 

 

f:id:akasofa:20170103023452j:plain

当然、こういう人たちもいる。駅員さんも普通に「オラ、線からさがれ!」と叱っている。

 

f:id:akasofa:20170103023554j:plain

これがあの人たちのお目当ての「特急 犬吠初日の出」。車両としては普段の特急しおさいや特急さざなみと同じかと思うのですが、ヘッドの電光掲示が重要なのでしょうか(よくわからない)。

 

 

f:id:akasofa:20170103024134j:plain

臨時特急を拝んだあとに改札を出てみると、ヨドバシカメラの初売り福袋目当ての客たちが大量に並んでいた。

 

 

f:id:akasofa:20170103024439j:plain

「夢のお年玉箱」というらしい。この光景のどこに夢があるのだろうと真面目に思うし、既に誰も得しないフェーズに入ってませんかね…。

 

 

f:id:akasofa:20170103024813j:plain

そんな寒さに耐える人たちと店員を見つつ、近くで営業していた幸楽苑でラーメンを食べて体を温めた。ありがてぇ〜〜。

 

 

f:id:akasofa:20170103025144j:plain

その後電気街口方面に移動して、そのまま神田明神の様子を見てみようと思い立つ。人の流れもそちらに動いていて、やはり秋葉原に思い入れのあるであろう人たちが多く目に付いた。途中でオタサーの姫を囲んだオタサーがウェイッ!ウェイッ!と気合いを入れている様子なども見えた。

 

ところで、神田明神ですけども、

f:id:akasofa:20170103025813j:plain

f:id:akasofa:20170103025824j:plain

夜中の3:30というのにメチャ混みでお賽銭投げるところに到達するのは到底不可能ですぐに退散しました。コスプレの人とかもいてコミケからそのまんま来たのかはわからないけど、いわゆるオタク友だち的な繋がりありそうな人たちが楽しそうにしている様子がよく見かけられて、単純にうらやましいなあと感じた次第。深夜に仲間と出かける特別なイベント日ったら、まあ普通に楽しいよなそりゃ。

 

 

f:id:akasofa:20170103030351j:plain

そろそろ頃合いかと思い、神田明神からお茶の水駅まで歩いてそのまま阿佐ヶ谷に戻ることにした。電車も空席はないくらいの乗車率。仕事以外ででも夜通しで外に出てる人って結構いるんだな〜という実感を得た。

 

 

 

 

f:id:akasofa:20170103030601j:plain

阿佐ヶ谷についたのが4:30くらい。神明宮という神社で初詣その2。全然空いてて静かで、自分の心身を引き締めるのにはやっぱりこのくらいの静寂とキリッとした寒さが丁度良い。遠路はるばる出ずとも近場の神社でいいんですよ。というわけで500円投げ込んで、幾つかのお願いごとをし、そのまま自宅に帰って就寝しました。

 

 

 

−−−−−−

特にオチも何もなくただの日記なのですが、やってみたことのないことは案外身近にゴロゴロあり、そしてちょっと腰を上げればすぐにやってみることができるという話でした。