光景ワレズANNEX

赤いソファを知ってるか 青いソファを知ってるか

花を買うのが良い9の理由

f:id:akasofa:20180120231944j:plain

 

「この買い物が良かった!」みたいな話になるとどうしても家電屋ガジェット類とか、育児アイテムとか新しい掃除用具とかになってしまいがちだけど、私がここ数年推しているオススメのアイテムといえば「花」です。ほんとに。情弱の貴様らに私が花の良さをピックアップしてさしあげるから心して読むように。

 

 

花はキレイ

多くの人は花を本能的にキレイと思い、怖いと思う人はナイトスクープに克服の依頼を出す昨今であるから、醜いものよりキレイなものが部屋にあるほうが良いに決まっているのである。

 

花は豊かさ・余裕さを確かめさせる

花は生活必需品ではない。一部チューチュー蜜を吸える花もあったりするが基本的には観賞用の買い物である。そういうものにお金と、買うという行為自体の時間、それから買って、飾って、見て、いずれ枯れたら捨てて、という一連のサイクルに自分という有限のリソースを費やすこの余裕。ふと1秒だけでも気が抜けたらそれでいいのだ。ネットでイヤなニュースとか炎上してるバカとか見てるくらいだったら花を眺めよう。繰り返すが私たちの人生に与えられた時間は有限だ。

 

花はコスパに優れる

送別会とかのためなどで花をお使いで買った経験くらいしか無い人は、花ってかなり高いというイメージを持っているかもしれない。それはそういう花束を作ってもらうので当然だが、実際ちょっと一輪ざしくらいに…ということであれば100円から全然買える。買っても数日で枯れてしまう…というお悩みは敢えて言うが愚かである。桜が一年中咲いていたら桜は桜なんですか? という例を挙げるまでもなく、花の命は儚いのであるし、スマホゲーのガチャで500円が7秒で溶ける世界なのだから、1週間楽しめればそれで十分なのである。

 

花を愛せる人はカッコイイ

タモリが以前「花鳥風月を愛でるようになったら男は終わり(自分がそっち側に行ったという文脈で)」と言っていてとても納得した。確かにそうなのかもしれないと。なぜならば男性性的な意味で段々と衰えを感じる一方で、やはりそういったジャンルに多少なりとも感心が出てきた自分がいたりするからだ。ただ、そんな自分は置いといての話としても、草花や動物に詳しい人ってカッコヨクないですか? 自分はめちゃめちゃ憧れるので図鑑とか最近子供のために買っていながら自分のために読んだりもするのです。チューリップとヒマワリと桜くらいしかわからない男よりはマリーゴールドとかコスモスとかボタンくらいはパッと見てわかる男になりたくないですか。

 

花はコミュニケーションを媒介する

例えば貴方が突然恋人に花をプレゼントしたとしよう。「どうしたの?」という会話になる。当たり前だ。そしてそのとき、きっと相手は笑っている。それが花である。

これがいつも食べているガムとか、あるいはプレゼント然とした身につけるモノなどだと、それはプレゼントなのだからスッと「どうもありがとう」で終わる。これだけでも力があると思わないだろうか。

 

花はやっぱり意外に喜ばれる

少なくともおれは嬉しいか嬉しくないかで言えば嬉しい。

花なんか貰っても花瓶もないしすぐ枯れるし嬉しくない、という人は本当にそうなのか自分に2万回問いただして欲しい。それはやせ我慢、強がり、美少女アニメの主人公みたいなクールなオレ気取り、要するに自分にウソをついていないか? と考えてみて欲しい。

 

花は枯れるからいい

プレゼント的な話だと、マジでゴミみたいな邪魔になってメルカリにも出せず、後で「アレどうした?」のプレッシャーばっかりかけられるようなプレゼントくらいだったら「枯れたから」で捨てる口実の逃げ道を用意してある花のほうがまだ相手にとってはマシではないか?

 

花は意外に売れている

売れているものは必ず売れている理由がある。まして専門店が貴方の街にも恐らくあって、そして潰れない。なぜだろう。自分がまったく花を買わない人生だったとしても、その理由に辿り着くことが永遠に無いとして、それでいいのだろうかとか思いませんか。

 

花は良い

今日、私の息子(4歳)が「花を買っていきたい」とねだってきた。なぜと問うと、「お母さんが(病気なので)元気になるように」という。おい「いや薬買えよwwwww」みたいなブコメとかつけるやつ、お前の血は何色だ。

 

 

以上です。騙されたと思って300円分だけでも一回買ってみてください。それか園芸。

【実録】隣家が火事になったときの話

タイトルのままのただの体験談です。数年前の話だけどもう時効かなと思ったので。ただの体験談なのでオチもなにもないですが、火事怖いなと思ってもらえたらと思います。

 

 

……ある日、自宅で普通に寝ていて、ふと夜中に目を覚ましたのですよ。なんか騒がしいなと。

 

騒がしさの質はいわゆる喧噪というか、ガヤガヤしている感じと、あとは消防車が来ている感じ。家の前は酔っ払いが通ったりする場所なので、それほど気にならないというかまたかという感じに捉えていたのだけど、喧噪が全然通り過ぎない感じだったので寝付くに寝付けず(妻と子供は寝ている)なんだろうとちょっと様子を見てみるかとベランダに面した窓を開けてみたらこれですよ。

 

f:id:akasofa:20180112014114j:plain

火の粉? ファイヤーのパウダー??

 

 

f:id:akasofa:20160518213907j:plain

これが雪だったらレミオロメンなんでしょうけども、舞い散る火の粉については永遠を前に余りに脆い家財、家屋、すなわちわき上がるのは恐怖心。そしてiPhoneを手に取り、上記の写真を撮影する(ここがなんというか救いようのないSNSに毒された現代人って感じがしますよね)。

 

そして道路には野次馬と消防隊員たち。

 

 

あれれれれ? と状況を整理できないままベランダと逆側に位置する玄関側のほうに行ってみると、玄関横のに位置する部屋の窓が昼間のような明るさでオレンジ色に輝いている。

 

あっ、これまさか本気のヤバいやつなんじゃねこれ? とここで初めてジワジワと危機意識が脳に浸透してきた。この時点では自分の建物が燃えているのか隣家が燃えているのかもわからなかったし、窓のオレンジっぷりからすると玄関を開けたら大変なことになるのでは、というリスクを意識しつつ、退路を確認しておくためにそーっと慎重に開けてみたところ、ここは普通に開いた。

 

 

f:id:akasofa:20160518214423j:plain

あっ茶化しちゃいけないマジのやつだ!!

燃えてる!!!!

 

 

しかし自分の家の建物でないことがわかったのは少しほっとした。外廊下が水浸しだった。おそらく消火の放水のためだろう。我が家のドアや窓などは燃えている建物からやや離れていたので特に影響はなかったが、

 

 

 

f:id:akasofa:20160518214620j:plain

燃えた家の真ん前に位置する部屋は、ドアも窓ガラス(上記で言うオレンジに光ってた窓に相当する位置)も熱波でヤラれていた。

(この写真は後から撮影しました)

 

恐怖……。

 

 

 

 

f:id:akasofa:20160518214032j:plain

火元の民家はまだ鎮火する様子はないが、ピークの燃え方は過ぎたようには見えた。

 

この位置でドアを開けて様子を見ていたら消防隊員の人が駆け寄ってきて、「念のため避難してもらえますか」とのこと。

 

流石に妻子も起きてきた。深夜だったが息子はこんな事態は当然わからないのでいつもどおり。本来であれば即時に着の身着のまま外に逃げるということなのだろうが、見ての通り延焼や何らかの爆発等をするほどではなさそうだし、正直めんどくさいしこのまま部屋にいたいなあ、というのもあった。

だが事態を軽視した判断がどういう誤りに繋がるかわからないし、消防の人も言うのでやっぱり一応避難することにした。

 

 

季節柄肌寒く、かつ深夜だったので部屋着のままでは少々辛い。アウターを羽織って、息子にも1枚アウターと、更に念のためブラケットも持った。あとは財布とiPhoneとカギ。足下はサンダルにしてしまったがこれはちょっと寒かった。

 

 

f:id:akasofa:20160518213922j:plain

なお当時の息子のサイズはこれくらい。つかまり立ちができる程度で歩けないので抱っこ紐で連れ出した。

 

ところで避難とはいっても行き場所がないし具体的な消防の人からの指示などもない。取り敢えず外に出て野次馬に混ざって様子を見るという程度だった。煙がそこそこ立っていたので、結局少し離れた場所をぐるぐる散歩していた。

 

 

f:id:akasofa:20160518214351j:plain

これだけ消防車が集結しているとマジっぽさを実感する(マジの火事ですが)。住宅地は消防車が入っていきにくいのでホースを遠くから伸ばしている。

 

結局20分くらい外にいて何度か様子をうかがっていたが、どうやら鎮火したっぽい感じがあったので消防の方がガヤガヤしている中をかきわけて自宅に戻った。そういえば鍵をかけたっけなと心配になったがちゃんと施錠はしてあった。正直万が一何かあったときのために鍵をかけていいものか、とも迷ったが、やはり火事場泥棒が怖い。現場は割とわけわからん状況になっており、この中に泥棒や放火犯がいてもわからんなあ、と思った。一応、その場にいる人の顔は積極的に見るようにしておいた。

 

 

f:id:akasofa:20160518214305j:plain

まだ煙はたっているがほぼ鎮火した様子。

 

結局このまま早朝までに至ってしまったので、身支度やそもそも寝てないというのもあり会社は半休した。「近くの家が火事になりまして」が半休の理由になるか微妙なところだが、事実寝れなかったので仕方がない。

 

 

 

 

 

 

f:id:akasofa:20160518214308j:plain

夜が明けて見てみたら現場はこんな感じ。うちはまだ大丈夫だったが、別の隣接アパートは熱波で部屋は散々なことになっていた。可哀想。

 

 

 

f:id:akasofa:20160518214501j:plain

数日間、自宅には規制のテープと警察官の警備がついていた。野次馬の侵入防止と、(多分だが)放火犯を牽制する意味だろう。ども、なんて別に何もしてないのに会釈していちいち横を通るのであった。

後日ドラマみたいに自宅に刑事がやってきて、ドラマみたいに警察手帳を見せながら聞き込みを受けた。聞いたところではやはり放火の疑いが濃厚とのことだった。まあ空き家の放火というと単なる趣味の放火ではなく……みたいな想像もしてしますが、しかし現実に近くに放火犯が出現したんだ〜と思ったりすると、やはり平和ボケした頭をガツンとやられる。

いくら自宅の火の元は気をつけていたとしても、隣人や隣家が気をつけているかどうかは自分ではコントロールのしようがないですよね。なのでどこかで火事が起きるかも、という意識は忘れないようにしないといけないなと痛感したのでfacebook以外でシェア〜したいです。

 

なので避難訓練とまでは言わずとも、「今すぐ避難して!」と言われたら何を持って避難するかは準備&練習しておいたほうがいいかもしれないと思いました。 特に子供がいるご家庭は要り用なものも多いし、装備がヘボいと困ったりしますし。あと部屋着はちゃんと着ましょう。家では全裸ですとかわけのわからんアピールしてるグラビアアイドルとかヤバいぞ!

 

 

 

youtu.be

 

しかし何度でも言いますが本当に火事は怖いですね。

自分は定期的にこの動画を見て火の扱いには十分気をつけようという意識を新たにしています。

皆さまもどうか油断されないように…。

元日の鉄道終夜運転を利用した深夜徘徊の記録2018

昨年、12/31〜1/1にかけて、JRその他各社で実施する終夜運転を使ったことが無かったので実際に使ってみたが、

akasofa.hatenablog.com

 

これがなかなか自分の中では面白かったので今年も実行した。

 

f:id:akasofa:20180102002850j:plain

今年も最寄り駅の阿佐ヶ谷からスタート。総武線各駅停車で千葉方面に乗る。家を出るのは敢えて終電後というのを勝手に条件にしている。2時発の列車とか、普段だと夜行列車の途中停車駅くらいでしか見られないのでわくわくする。乗車率としては普通に座れる程度だが、隣の高円寺でもう座席は完全に埋まった状態になった。高円寺は飲んでる人多そうだもんな。

 

昨年は新宿で下車したので今回違うルートにしたいと考え、新宿以降も総武線に乗ることにしてみた。

深夜徘徊に向けて夜シフトを想定していたわけでもなく日中普通に活動していたので、座ったままウトウトし始めたところで急に車内がザワつきだし、その気配で目が覚めた。見回すと、水道橋駅で相当の大人数が乗ってきたようだった。昨年の経験ではやはり初詣の人が殆どに感じたが、車内の女性率が尋常じゃなかった。ああ、そういえば…と考えたらわかったのだが、これはジャニーズの年越しコンサートの帰りの客と鉢合わせしたのだった。水道橋駅のホームにはまだまだ人が残っており、恐らくここに乗った人以上に待たされている人も沢山いるのだろう。ぼくは座っていたので特段問題なかったが、通勤の満員電車並の状況で且つそういう列車に乗り慣れていない層が多いようで、やたらと「一度降りろや」「荷物がうぜえ」「斜めを向いてるんじゃねえ」などとジャニーズファン相互にブツブツと文句を言い合うという殺伐とした様子で、今にもその荷物からひょっこり顔を出しているウチワを抜刀してチャンバラを始めん勢いである。君ら同じジャニーズのファンなんだから仲良くしなよ、いやいや帰ったら皆さん聞いてくださ〜いこんな奴がいまして〜んみたいにマナー啓発の白ハゲキャラの1ページ漫画をTwitterにアップするのかい、憧れのアイドルを見た後で興奮しているのはわかるが、そんな醜態を晒していいのかい、家に帰るまでがコンサートではないのかい。

 

そんな殺気立っている雰囲気の列車ですっかりぼくの下半身のセクシーゾーンも萎縮してしまい、なんとなく秋葉原も過ぎて降りる機会を失ってしまった。秋葉原を過ぎると乗り換えも難しくなってくるのでどこかで決断しなければならないが、なるべくはやいうちに、ということで錦糸町で下車した。

 

f:id:akasofa:20180102004420j:plain

この時点でちょうど2時ちょっと前くらいになる。錦糸町でも人の波はなかなかに凄くて、ほぼ先ほどのジャニーズ帰りと思われた。終夜運転は初詣や飲みだけでなくこうしてコンサート帰りの需要も大きいのだと学ぶが、しかし若い子も多いみたいだしドームで朝まで面倒みてやったらどうなんだとも思う。

ところでジャニーズといえば数年前のパーナさん騒動が印象に残っていて、これはリアルタイムでTwitterの様子を当日見ていたのでその集団幻覚というかあることないことメチャクチャ言ってる当事者および加担者とそれで遊んでる連中というのがインターネットおもしろ現象として語り継がれるべきと思っている。あのとき関わっていたファンって今どうしてるんだろう。

閑話休題

 

錦糸町駅の南口を出ると、行列の様子が目に入ってきた。

 

f:id:akasofa:20180102005441j:plain

「夢のお年玉箱」という、要は福袋である。店側にも客側にもここまでする/させる意味が果たしてあるのか、並びのプロみたいな連中が結局独占するだけで普通の消費者にチャンスが届かないのでは、そしてそれに動員される店員の皆さまよ……やったところで何になるのか全然理解ができないのだが、とにかく情熱大陸なんかには一生紹介されないタイプの夢追い人たちが、ここにいるのだ。

 

f:id:akasofa:20180102010451j:plain

錦糸町南口の猥雑とした界隈などを少し歩こうとしたけどキャッチとか面倒なので引き返す。というかテレクラってまだ成立するのかよ、と気になって今リンリンハウスのサイトを見てみたら、体験談コーナーというのがあって、どうせサクラみたいなものばかりだろうと思ったら掲示板スタイルでバトルしてましたよ。

 

f:id:akasofa:20180102031127j:plain

なんだよこれ。2chか。

 

男性版体験談も割とガチに体験っぽいのが載っている。

f:id:akasofa:20180102031753j:plain

「やりまん、大いに結構。」じゃねえよ。仙人クラスのなっが〜〜いヒゲを触りながら言ってそうだな。「やりまん、大いに結構。フォッフォッフォ」って。

 

……と、完全にこれだけで記事が書けそうなネタにブチあたってしまいましたが脱線すぎるのでやめる。とにかくテレクラの世界だけで独自の生態系ができているというのは理解した。

 

 

 

f:id:akasofa:20180102010611j:plain

さて、南口はそういう感じなので錦糸町北口のほうへ出る。スカイツリーが見えたのでいっそそこまで歩くことにした。何度か歩いたことがあるが、確か30分も歩けば着くはず。

 

 

f:id:akasofa:20180102010656j:plain

その前に寒さと空腹で何か食べることに。吉野家松屋日高屋とよりどりみどりなのは有り難かったが、寒かったので日高屋にした。

 

 

f:id:akasofa:20180102010755j:plain

午前2時の日高屋ラーメンがこんなに美味いとは……となんだか感動してしまった。それくらい美味しく感じた。このときは天体観測ではなくスマホ上記のテレクラ観測をしていた。今年一番うまいラーメンだなこれ……と食べながら思ったが、今考え直したら2018年になったばっかりだし2018年初めての食事だった。

 

 

f:id:akasofa:20180102010847j:plain

午前2時の日高屋の、あまりの美味しさの秘密、それは運んできたときに店員が思いっきり伝票をラーメンにダイブさせたからかもしれない。伝票トッピングのラーメンは良いダシが出る、覚えておいて損は無い(流石に結構謝られたが、いちいち交換させるほどではない。なんといってもよく行くような汚い中華屋では余裕で髪の毛もトッピングされるから)。

 

 

 

f:id:akasofa:20180102120312j:plain

 錦糸町からスカイツリーまでの道のりはそれほど目を引くものはない。半分住宅街のような街を淡々と北に向かって歩くだけだ。

 

 

f:id:akasofa:20180102011447j:plain

こういうアジアンエロマッサージみたいのは営業している店もあった。どうでもいいけどコレ系の店でよくある「営業時間 12時〜ラスト」のラストって何時なんだろ。

 

 

f:id:akasofa:20180102011622j:plain

いい電飾。こういうのは昼間に歩いてもわからない。

 

 

f:id:akasofa:20180102011704j:plain

チョ、待てよ!!

 

 

 

f:id:akasofa:20180102120432j:plain

スカイツリーほどの巨大建築物は近づくほど縮尺感が狂うのが面白い。そういう意味で牛久大仏も大好き。 

 

 

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180102120454j:plain

スカイツリーの城下町付近を歩く。スカイツリーは初日の出営業をするのだが、その客は始発から来ると思われ、この時間はそれほど人はいない。見かけるのは近所に住んでいるであろうカップル、大学生くらいの集団、スケボー小僧などだ。しかしスケボーやってる若者っていっつも常に失敗してて巧いやつ一人もいなくないですか。 

 

 

f:id:akasofa:20180102011751j:plain

あと数年でなくなることを自らアピールする店。

 

 

 

f:id:akasofa:20180102011846j:plain

普段だと夜中の2時か3時くらいから営業しているらしい名店・菊屋を一応見てみたが流石にお休み。まだ入ったことがないのでまたこよう。

 

 

f:id:akasofa:20180102120511j:plain

 この後、スカイツリー前から都営浅草線本所吾妻橋駅まで歩き浅草橋駅まで行ったが、次の列車まで50分待ちだったので秋葉原まで歩いた。50分待ちくらい乗り鉄旅行では割と普通にあるが、都内の時間感覚でこれは相当きつい。 

 

浅草橋からの道のりは高架の横を歩くのが早い。高架下で寝ている空き缶拾いを生業にしている人は何人か見かけたが、それ以外は流石にあまり人はいなかった。

 

 

 

 

f:id:akasofa:20180102012031j:plain

秋葉原に到着。ここまで来ると結構人がいる。コミケの打上げでもしていたらしき集団が居酒屋から出てきてオタサーの姫をお見送りする様子などもあった。アキバにもヨドバシがあるのでやっぱりヨドバシンドリームを追う人がおり、それらは丁度地下隔離施設?に移動させられているところだった。列車の時間にちょうどよかったのでそのまま阿佐ヶ谷まで帰る。もう寒さと眠さでヘロヘロしており、完全に車内で寝ました。自分のことを差し置くがみんな仕事でもないのに夜中まで活動している人は結構いるし、働いている人には本当に感謝しかない。

 

 

f:id:akasofa:20180102012136j:plain

昨年同様、今年も近所の神社でひとり初詣で締め。特段面白いことも変わったことも起きなかったが、別にそれでいいのだ。ひとつ収穫があるとすれば、普段別にうまいともなんとも思ったことが無かった日高屋の評価が自分の中で爆アゲ状態になってしまったことだろうか。なんかもう食べ物の味って味自体は実はどうでもいいんじゃないか、とすら思えてきた。ジョエル・ロブションで午前2時の日高屋のラーメンが出てきたらみんな有り難がって流石ミシュラン三つ星とか言ってるんじゃないだろうか。言わないな。ごめん。

 

−−−

以上です。今年もよろしくお願いいたします。

(おわり)